のんびりいこう。 (RIKORIKO DIARY)
『でんちゅうでござる』 と 『Little Blue』 の管理人りこぴょんの、ひびのくらしと、 クック(犬)がつづる『クック日記』

プロフィール

りこぴょん

Author:りこぴょん
コーギー犬 クックと暮らす家族のページ。

コラムありゲームありのサイト
『でんちゅうでござる』と、
ハンドメイドショップのサイト
『Little Blue』を立ち上げて頑張る、
このサイトの管理人、妻であり母親である
りこぴょんの日々の暮らしを綴った rikoriko diary です。
(「おいちゃん」は、パパ)

クックといこう。

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
思い出のアルバム
昨日はモモちんの卒園式でした。

そつえんしき

<3年前と比較してみました>

あのモモちんが卒園ですよ?
3年なんて早いものですねぇ・・・しみじみ。

あたしはというと、
式の始まりを知らせる音楽が鳴り出した途端!
(この音楽ですが↑今時カセットテープなところがすごい!)

っ、うるっと、うるっと、きていました。
家を出る前は「案外涙なんて出ないかもなぁ
なんて思っていましたが、
音楽だけで「うるっ」ですよ?(あぁ、情けない)

まぁ、なんだかんだ周りのお母様方も泣いてるんとちゃうのん?
と、そっと見渡してみましたら
あら、意外や意外、泣いている人いないの

うわっ、これは大変。
我慢しよぅ~、我慢しよぅ~
モモちんに集中!集中!

だけどこれはダメでした。
想い出のアルバム
(園児的には「思い出」となっています)

これは何か思い出の写真をスライドか何かで見せてもらえるのだろう・・・
と、考えておりました。

違った・・・
あの歌のことだった。
そう、

  いつのことだか 思いだしてごらん
  あんなこと こんなこと あったでしょう
  嬉しかったこと 面白(オモシロ)かったこと
  いつになっても 忘れない

卒園式でよく歌われるうたですが、
うっかりしていた。これかぁ~
(タイトル、知りませんでした)

これが始まったらもう止められません。
あたしは『号泣』です
涙がぼろぼろこぼれました。(ぽろぽろなら可愛い?)

最後の歌詞に

  一年中を 思い出してごらん

と、あるのだけど、
一年どころが三年分思い出し、ついでに生まれた頃まで遡りました。
(思い出し過ぎ、という話もあります

おいちゃんはビデオカメラの担当だったので(毎回のことだが)、
モモちんのシーンだけでは1分で終わってしまうので
「適当に流していろいろ撮っておいて」と頼んだら
(おいちゃんとあたしのカメラ位置は別の場所)

「もう面倒くさいから全部撮っておいた。
ついでにさぁ、
泣いているお母さんがいないかも探して撮った
(ちなみにおいちゃんは風邪ひいてて熱アリ状態でカメラマンをやっている)

あんたの妻だよ。
↑その泣いてるお母さん!
しかも号泣さ・・・


そして今日もモモちんがこの歌を歌いだすと涙がでるのだ。
こうしてあたしは一生、この歌を聞くたびに泣くのであろう・・・

さぁ、これからは思い出すのも大変だぞぅ~
モモちんもどんどん成長する。
嬉しいけど、生まれたところまで遡るのは大変そうだ
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

うんどうかい
うれしいきょうの うんどうかい~

10月14日(日)はモモちんの幼稚園で運動会があった。
いや、子どもの成長と言うのは本当に早く、
幼稚園の運動会は今年が最後。

うんどうかい


モモちんの『たけのこ体操』も上手くなったものだ
(年少時代からCDを探してまで踊った曲である)

「すずわり」「おゆうぎ」「かけっこ」(は、遅っっっ)、
年長さんの見せ場は「リトミック」と「鼓笛演奏」で、
中でも鼓笛演奏は大変だった。

夏休み前の時点でメロディオン(ピアニカ)の演奏を聴いた母は(私)
耳を疑った・・・曲になっていない
モモちんが歌う楽譜も嘘っぱちの音符ばかりだ。

あかん、これでは運動会に出られへん

夏休みに猛練習をした。
あたしは自分がピアノを弾ける人なので、
モモちんが弾けないことが許せなく焦り、
鬼のように、(普段から鬼のようだが)
まずは歌わせた(楽譜を)

そして夏休みが終わる頃にはメロディオンをマスターさせた。
演奏曲目は3曲。

よし、これならばっちりであろう
嬉しくてにやにやしてしまう。

ところが9月も終わりに近づいた頃、
担任の先生が
モモちゃんはシンバルの担当に決まりました
・・・と。



泣きながら(モモちんが)練習したメロディオンはぁ?

完璧に教えました!
ばっちりです!
シンバルは「重い」「疲れる」と文句ばかり言っているし、
当日休むようなことになったら申し訳ないし、
何より本番に弱いですよっ?

「誰か他のお友だちと代わっていただけませんで・・・?」
「今からじゃ無理です。立ち位置も決まりましたし。大丈夫!」

と、さえぎられ断念。
こんなに目だって(立ち位置は中央)カッコ良くて、
わざわざ選ばれたのにぶーぶー言ってい来る親は珍しいらしい

だって本当に本番に弱いんやもん。
鼓笛演奏と言えば運動会の見せ場でもあるのに、
失敗したら本人やって可哀相やんかぁ・・・。

と、そんなこんなで当日まではらはらさせられたけど、
なんとか無事に演奏が終了した

モモちんのシンバルと一緒に首を振って(縦に)いたので、
あたしの首もかなり疲れた。

間違えないでやり遂げたモモちんだったが、
なんせあたしと違って「おやさしい」性格のモモちん。
一番うるさいはずのシンバルなのに、
他の楽器の音にかき消されて音があまり聴こえなかったのが
少し残念でもあった。

さいわいだったのは、
指導してくださった音楽担当の先生のマイク
モモちんのシンバルの音を拾ってくださった。

ので、
場所によってはシンバルもちゃんと聴き取ることが出来た。
良かった良かった
箱根で一泊のんびりと
モモちんは今日から夏休みです。

(その前に「久しぶりに日記を書いている」とかなんとか、
言い訳はしなくていいのか)
(まぁ、よしとしましょう)

おとまりほいく


そんな訳で長い夏休みですが、初日の今日から明日にかけて
幼稚園の大イベント箱根いっぱくおとまりほいく
に、元気に出かけた。

先々週には幼稚園内での『おとまり会』というのがあったけど、
こちらは今回の箱根お泊り保育の練習なのだろうか
幼稚園によっては園でのお泊り会のみであったり、
ぶっつけで箱根辺りまで連れて行くパターンもあるとか。

「ユネッサン」とかいう、巨大な温泉(プール?)で遊ぶらしいし、
夜には花火も用意されている

今日は久しぶりにお天気も良くなって
元気に送り出したのはいいけど、
先日の新潟地震の後だけに天災がきになるところ・・・。

まぁ、心配しても仕方がないなどとも思うが、
おいちゃんが「大きなプールで大丈夫かなぁ。あぁぁ
などと、不安に不安を重ねるようなことを言い出す。

それも娘を心配してるのかどうなのか、
冗談ぽく、不安がるあたしをからかっているという様子だ
なんせあたしは天下一の心配性である。

こなんなことを書きながら時計はすでに5時を回った。
モモちんはプール遊びも終え、
そろそろ夕食の時間であろう

ホテルへ落ち着いてしまえば後は寝るだけ。
次は明日の心配だ。
(今から明日の心配をするのだから、これがまた大変)

夏休み初日の土曜日ということで、
道路が大変混雑すると思われる。
集合場所へのバス到着時刻は3時半だが、
4時にはなるだろう・・・と、あたしは踏んでいる

・・・こういった心配をする割には、
モモちんがいないからと「寂しい」という
感情はないのである。
むしろ、今夜は「大の字で寝られる貴重な一日
ということで嬉しくもある。

明日、元気に帰ってくるのも楽しみにしている

・・・けど、
今日のモモちんのリュックだけがあたしの手作りで、
お友達とまったく違ったものであったことが気がかりだ。
みんなはシナモンやらマイメロやらキティやら、
ピンクだ水色だと、可愛いリュックを揃えていた

しまった・・・
みんなこういうので来るのか
母の手作りを「可愛い」と思うのは大人の意見で、
モモちんの背中がとっても地味だったことが悔やまれる

うわぁ
こうして書いている今も揺れてるよぉ

今年の父の日は。
先週の日曜日は父の日でしたが、
そこで、
モモちんが描いたおいちゃんの似顔絵が
いわゆる『父親の顔』がなんていただいちゃいました
(注:おいちゃんの顔が賞を取ったわけではない)

ちちのひ


毎年、母の日と父の日が近づくと幼稚園から
「サティさんが似顔絵を募集してます」
と、まぁ、出したい人は出してねぇ~
みたいなお知らせと画用紙を持って帰ってきていた。

ふぅ~ん、そうなんや。
と、お知らせは読んでも絵は持たせたことがなかった。

だが今年は、
モモちんも年長さんやし、1度ぐらいは描かせてみるかな?
と、まず『母(あたしのことやな)』を描かせてみた。

・・・・・・(むっ)
驚いた!これがあたしの顔かっ!?
(簡単に説明すればてるてる坊主に毛が3本)
こんな絵では人様には見せられん!
とサティへの提出を諦める。

やがて父の日がやって来た。
またしても幼稚園から画用紙を持ち帰ったモモちん。
再挑戦やで!!!

と、前回の失敗を恐れたあたしはまず、
おいちゃんをモモちんの目の前にキチンと座らせた。
そして、モモちんの右にはお手本(お勉強で練習させうまく描けた顔)、
さらには、モモちんの後ろにあたしが構えて

さぁ、描いてごらん
(ちょっとした軟禁状態とも言えよう)

そりゃもぅ、
後ろからあたしの声がやいのやいのと、うるさいのうるさくないの。
(うるさいに決まっとん!)

「その白いところは何?」だとか、
「目の上には何もないのか?」だの・・・
あーでもない、こーでもない、
きーきーきー!!!

・・・と、
こうして出来上がった作品が入賞してしまったのだった。

にゅ、入賞ですかぁ?
(・・・軽く詐欺を働いた気分である)

あたしたちは『コンテスト』だなんて知らなかったのだ
ただ、近所のサティさんに絵を展示する。
その程度のものだと思っていた。

後になって知ったのだが、
主催は産経新聞で、母の日似顔絵などはもう25年も続いている。
(父の日似顔絵コンテストは今回が5回目)

しかも、これが全国ネットだというから驚きだ
今回もなんと24000枚の作品が応募されていたらしい・・・
(40~50点程度だと思っていた)
入賞作品は約1000名で、
その中でモモちんは『佳作』をいただいてしまった。

表彰式なんてのはあるわ、名前が新聞掲載されるわ、
幼稚園からも「園で展示させてください」なんて言われてしまった。

・・・ちょっとした詐欺ではなかろうか。
(なんせ、あたしの指導が入りまくりである)
(辞退した方がようくないか?などと思ったりもした)

なぁ~んて言いながらも
親としては嬉しくないこともなく、
写真を焼き増ししたり新聞をコピーしたり、
顔はにんまりにんまりしてしまい
長くお休みしているブログをも久しぶりに書いてみた。
お遊戯会
先日18日(日曜日)はモモちんの
おゆうぎかい』でした。

この日は前日からしとしと雨が降り、
寒い寒い朝だった。

oyu-gi


実はこの日は朝から別の用があって、
あたしなんては5時半起きや
お遊戯会は集合が12時半やで?

でもって雨・・・
モモちんにカッパを着せて慣れない傘を持たせて
よたよたと出かけたのである。

途中からはおいちゃんと合流して、
「持って持って、これ持って
お願いしますぅ
と、あれこれ荷物を持ってもらって少し落ち着く。

え?そんな愚痴はどうでもいい?
そうや、お遊戯会や、お遊戯会

最初に「おうた」を歌って、
(演奏時のモモちんの担当はタンバリン)
そのあと、プログラムに沿って各グループが着替えを始める。

お遊戯タイトルは『ぐリンちょリンぱリン
(作者には申し訳ないが、意味不明)

歌っているのが山野さとこさん、と有名どころだが、
やはり作品が古くてすでに廃盤
(誰かダビングさせてぇ)(おらんわな)

着替えを始めると言ってもモモちん一人で出来る訳がなく、
各々の子供の親が会場内を走り回り、
お着替え大作戦に向かうのだ。
とても「お遊戯会、鑑賞」どころではない。

おいちゃんは
「座ったらもう動かない」とか言って、
モモちんからお願いされていた『ビデオ』撮りに専念。
(今回は三脚まで持参した)

あたしなんてはわが子の演奏・演技は見たけど、
他の子のお遊戯はほとんど見ていない。

控え室であれつけてこれ着せて、
あ、髪飾りが落ちる、
ベストが落ちる
と、大騒ぎしとん

そして終わったらまた控え室にブっ飛んで行き、
さぁ着替えるぞ!と、また大汗
目が回るってやつです。

去年はお遊戯会の前日に39度近い熱を出して
それこそ前日から大騒ぎやった。
今から思えばこの熱って・・・知恵熱

今年は知恵熱はなかったが、
鼻水たらたら咳がこんこんで昨年同様
前日からひやひやした

ま、無事に終わってよかった。

これでモモちんが一年間、待ちに待ったイベントは終わり。
とにかく『おゆうぎかい』が大好き

昨年撮ったビデオなんてな、一年間見続けとう
すごいやろぅ?

あ、待て待て、
まだ3月に『お誕生日会』が残ってるわ。
特に何といったことはしなくて、みんなからお歌と
おめでとう」と言われるぐいらいのお誕生日会。
(母親がご招待を受ける幼稚園なんてもあるらしい)
(それはちょっと羨ましいけど、ちょっと恥ずかしい)

それでも3月と言うのは一年間待ってのことなので、
やっぱり元気に幼稚園へ送り出してあげたいかな、と。

もくもくの木

wanwanwan

わんこの年齢計算機

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ


copyright 2005-2007 のんびりいこう。 (RIKORIKO DIARY) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。