のんびりいこう。 (RIKORIKO DIARY)
『でんちゅうでござる』 と 『Little Blue』 の管理人りこぴょんの、ひびのくらしと、 クック(犬)がつづる『クック日記』

プロフィール

りこぴょん

Author:りこぴょん
コーギー犬 クックと暮らす家族のページ。

コラムありゲームありのサイト
『でんちゅうでござる』と、
ハンドメイドショップのサイト
『Little Blue』を立ち上げて頑張る、
このサイトの管理人、妻であり母親である
りこぴょんの日々の暮らしを綴った rikoriko diary です。
(「おいちゃん」は、パパ)

クックといこう。

最近のコメント

最近の記事

カテゴリー

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
お遊戯会
先日18日(日曜日)はモモちんの
おゆうぎかい』でした。

この日は前日からしとしと雨が降り、
寒い寒い朝だった。

oyu-gi


実はこの日は朝から別の用があって、
あたしなんては5時半起きや
お遊戯会は集合が12時半やで?

でもって雨・・・
モモちんにカッパを着せて慣れない傘を持たせて
よたよたと出かけたのである。

途中からはおいちゃんと合流して、
「持って持って、これ持って
お願いしますぅ
と、あれこれ荷物を持ってもらって少し落ち着く。

え?そんな愚痴はどうでもいい?
そうや、お遊戯会や、お遊戯会

最初に「おうた」を歌って、
(演奏時のモモちんの担当はタンバリン)
そのあと、プログラムに沿って各グループが着替えを始める。

お遊戯タイトルは『ぐリンちょリンぱリン
(作者には申し訳ないが、意味不明)

歌っているのが山野さとこさん、と有名どころだが、
やはり作品が古くてすでに廃盤
(誰かダビングさせてぇ)(おらんわな)

着替えを始めると言ってもモモちん一人で出来る訳がなく、
各々の子供の親が会場内を走り回り、
お着替え大作戦に向かうのだ。
とても「お遊戯会、鑑賞」どころではない。

おいちゃんは
「座ったらもう動かない」とか言って、
モモちんからお願いされていた『ビデオ』撮りに専念。
(今回は三脚まで持参した)

あたしなんてはわが子の演奏・演技は見たけど、
他の子のお遊戯はほとんど見ていない。

控え室であれつけてこれ着せて、
あ、髪飾りが落ちる、
ベストが落ちる
と、大騒ぎしとん

そして終わったらまた控え室にブっ飛んで行き、
さぁ着替えるぞ!と、また大汗
目が回るってやつです。

去年はお遊戯会の前日に39度近い熱を出して
それこそ前日から大騒ぎやった。
今から思えばこの熱って・・・知恵熱

今年は知恵熱はなかったが、
鼻水たらたら咳がこんこんで昨年同様
前日からひやひやした

ま、無事に終わってよかった。

これでモモちんが一年間、待ちに待ったイベントは終わり。
とにかく『おゆうぎかい』が大好き

昨年撮ったビデオなんてな、一年間見続けとう
すごいやろぅ?

あ、待て待て、
まだ3月に『お誕生日会』が残ってるわ。
特に何といったことはしなくて、みんなからお歌と
おめでとう」と言われるぐいらいのお誕生日会。
(母親がご招待を受ける幼稚園なんてもあるらしい)
(それはちょっと羨ましいけど、ちょっと恥ずかしい)

それでも3月と言うのは一年間待ってのことなので、
やっぱり元気に幼稚園へ送り出してあげたいかな、と。
スポンサーサイト
クック日記
昨日は『バレンタインデー』というのだった。
ボクは知っている。
なんでも、おやつがたんまりもらえるという企画だ。

だけど、
ボクには誰も何もくれなかった・・・
モモちんとりこぴょんは楽しそうに二人で
チョコレート』というのを食べていた。

てーぷ


ここで勘違いされては困るので書いておくけど、
モモちんとりこぴょんが食べているチョコレートといのは、
決して、おいちゃんが誰かからもらったものではない。

ただ普通ぅに、
二人はチョコレートを食べていたのだ。

ま、ボクだけじゃなくて
おいちゃんもチョコレートはもらっていないらしいから、
ここはひとつ我慢するかな。

だけどおいちゃんは「我慢」という言葉を知らないのか、
ボクへ嫌がらせをしてストレスを解消しているらしい。

あのぉ・・・
ガムテープで耳ふさがれたら不自由なんですけどぉ。
ズーラシア?
先日は赤レンガ倉庫のスケートで盛り上がり、
その疲れを引きずったまま、
翌日に『よこはまズーラシア動物園』へ行って来た。
(え?いちいち「よこはま」はいらん?)

ずーらしあ


まさかスケートの翌日にぶっ続けで出かけるとは、
さすがのあたしも予定していなかった。
が、おいちゃんときたら
さ、行こうか」と立ちがる。

思わず「え?どこへ?」
と言ってしまったことは言うまでもない。
(言うてるやないか)

いや、疲れました、本当に。
(毎日毎日の疲れっぱなしやで)

ズーラシア動物園ってば、自然動物園とかで、
なんとなく動物たちも環境よさげな緑の中に居る。
けど、
想像より動物が少なくて、
その『』の中を延々歩かされてへとへとや。

中でもメインの動物は『オカピ』で、
そのオカピさん、入り口から一番遠くに居てます。
まぁ、そこまでの遠いこと遠いこと

オカピもいいんだけど、
あたしはモモちんに「カバ」とか「サイ」を見せたかったんよね。

それでもモモちんは子供、
動物園ともなれば疲れ知らずかと思うけれど、
なかなかどうして・・・
最近は「考える」ことを覚えたモモちん。
(ちょっとは脳ミソがあることが判明)

園の中では「疲れた」「歩けない」を連発して、
何かとおいちゃんに抱っこにおんぶをさせたくせに、
お土産コーナーに着けば走り回る元気が残っとん
あぁ、子供っていいなぁ

残してあったのか、その元気・・・

だけどモモちん目的はどうやら『きりん』で、
きりんは?きりんは?」と聞いてくる。
最終的にはどこかに居てるやろぅ、と思っていたが
甘かった・・・。

オカピを過ぎたらそこは最終コーナーで、
もう帰り道が用意されとう。
いや、
キリンが目の前に居たがそれは『』やった

モモちんに謝り倒し、
更にお土産コーナーでオモチャを買い与えてごまかし、
納得していただいた。

次はもう行かないぞっ
と、こぶしを胸に誓ったところへ、
おいちゃんが
ズーラシアの無料入場券が当たった
とニコニコしながらやってきた。

そう、
当日の入場券についている番号で抽選がおこなわれており、
おいちゃんは見事、選ばれた番号の持ち主だったのだ。
駐車場無料やお食事券なんかも付いてればいいのにぃ・・・
(入場券より、こっち↑が高い)
横浜、赤レンガ倉庫
大変いいお天気でございました。
しかも、そこそこぽかぽかでいい感じ~

という訳で、
横浜『赤レンガ倉庫』へ行ってまいりました。

うちの実家辺りの人が聞けば、
「倉庫なんかへ行って何をするんだ?」ぐらいの返事が返ってきそうだけど、
今回ここでのイベントは

『アートとアイススケートのコラボ“アートリンクin 横浜赤レンガ倉庫”』
2006年12月8日(金)~2007年2月14日(水)開催。
やねん

れんが


そして、なんと最大の目的は、
モモちんに「スケートを体験させる
(上の写真)
ですぅ

スケートなんてまったく初めてのモモちん。
せっせと手すりを磨きました。
(手摺はみんなで磨くので、常にキレイ)

はじめは手摺にしがみついたまま、
「こわい、こわい」を連発していたモモちん。

すぐに「もうやめる」と言い出すだろうと思っていたのに、
「やめて出ようか?」と聞くと、「イヤだ」と言う。
おや?ちょっと拍子抜けな返事。

だが、
おいちゃんもあたしもスケートの経験はほとんどない。
二人とも最期に滑ったのは小学生だか中学生だか・・・
(かなり「昔」ということになるな)

親がこのようにへっぴりで滑っているので、
「そろそろ出ようか?」と言うあたしにモモちんが
「いいよ、ひとりで滑ってくる」と言い出したのにはまいった!
当然ひとりで滑れる訳がなく、
すっ転ばないようについていかねばならない

仕方なく、へっぴりでふらふらしながら
モモちんの手を取ってとろとろ前進した。
(くどいようだが、あたしが経験したのは小学生の時)

お天気がいいので、氷がどんどん溶け、
転んだら最期、水溜りに座り込むようなものや。
モモちんは着替えを持って行ったので帰りに(当然)着替えた。

最期には二人とも(親)大汗で、
まだまだ滑るというモモちんに
もう、やめようよぉ~」と泣いてお願いし、
スケートリンクを後にした。

こんなに喜ぶのならまた連れて行ってあげたいが、
残念なことに(ホントに残念か?)、このイベントは14日まで。

ふぅ・・・、
明日は間違いなく筋肉痛になっとう
オマケに花粉の猛攻撃を受けて鼻が壊れとん
いぼいぼ
モモちんを連れて皮膚科へ出かけた。
まったく子供と犬というのは病院が好きな生き物だ

いつからだか、
モモちんの太腿に水イボというのが出来て、
しかもその水イボとやらが増殖してきたので、
皮膚科で取ってもらった。

いぼ


それにしてもその水イボ、
いつから増殖し始めたのかまったく気がつかなかったのだから情けない

いや、最初は『イボ』っぽいものがひとつあった。
それは「大きく(年)なったら取ってあげたいな」と思っていたのだが、
実は普通にイボではなく『水イボ』で、
その水イボさんは、あ・・・と言う間に増えとう。

増えるのねぇ・・・知らんかったわぁ(経験ナシ)
しかもその数は20に近くなっとん

医者が言うのには
「痛みを和らげるテープを貼るので大丈夫ですよ」と。

取ってもらう2~3時間前からそのテープを貼る。
モモちんの足はテープでベタベタ。

診察室へはおいちゃんに付き添ってもらった。
あたしは痛いので(見るのが)外で待機。

ところで、その、
痛みを和らげる・・・を、あたしは「痛みをとる」と勘違いしていた。
実際には結構痛いらしい

モモちんは20ヶ所近くもの水イボを、
痛みを多少は和らげてくれるらしいテープを外し、
ぶちぶちと潰された。(血も出たとか・・・)
それでも泣かなかったので医師がしきりに感心していたとか。

おそらく、この皮膚科で水イボを取った幼稚園児の中で、
泣かなかったのはモモちんが初めてだろうということだ
よしっ

そうそう、
モモちんは生まれてから今まで、
注射(点滴も含めて)をされても1度も泣いたことはない。

クックも同上。
あ・・・クックといえば今日、げろげろと吐いた。
お散歩は元気に出かけたし、う○う○も異常なかったので
今日のところは様子を見よう

病院好きなん?
そこの2人(1人と1匹)
節分
あややややっ
我が家に鬼がっ!?

おに


2月3日は節分でしたね。
えぇ、えぇ、我が家も近所の神社(ホーム神社である)へ行って
我を忘れて豆拾いに専念してまいりました。

えっ?豆を拾う行事ではないっ?
そうか、それで我が家にはまだ鬼が居てるんやな。

まぁ、まぁ、それはええではないですか。


それよりこのホーム神社での豆(福?)拾い、
大変でした。

もーーーっ、すごい人ですな。
みんな、豆買うお金無いんかいっ!(いや、そういうことではないが)

モモちんなんて揉みくちゃになってもーて、
豆なんて1つも拾えないですわ。
こりゃぁ手ぶらで帰るしかない・・・と、思っていたら
あたしの足元にぽとりと!!!

よっしゃぁーーーっ、1個(小さな袋になっとう)ゲットじゃぁーっ!

モモちん、もう帰るでぇーーーっ!

・・・と、もう1度足元を見たら。


クックの上にがおばさんという覆い物
その下ではもちろん、クックがパニックを起こしている模様。

クックぅ・・・ごめんんん
来年はここへ来るのやめようなぁ。
(背骨、大事なかったやろか?)

そんな苦労をして、
いや、
クックを犠牲にして勝ち取った1個の福豆。
中には豆が数個と小さな紙。
紙には『ポテトチップ』(「ス」はいらんのん?)の文字。
(カップ麺だったりボールペンだったりもするらしい)

あ、オマケ付きなんや。
みんな、このオマケに賭けとんのやな。

それにしてもスゴい人やったで。
そのスゴい人に比べて、豆、ちょっと足りんのとちゃう?
うちの実家がある田舎なんては、
嫁入り』にお菓子を投げるんよ(今でも!!!)

そりゃぁ~大変な数で、
金額にすると30~50万
押し合いへしあい、奪い合い、けが人はあたりまえ。
よく死者が出ないと感心する。
ま、これはこれで異常ですけどね
コーギールーム2
マイ、マイ、マイ、マイ、
(マイム、マイムではなくて)

マイブーム(?)の『コーギールーム2
ただ今、でんちゅうでござる
にて、楽しく遊べるゲームでございます

るーむ


何が楽しいって?
いや、別に何ってことはないんやけどな、
なぜかあたしは熱くなっとう

当初はやはり「で、何が楽しいん?」
と、つぶやいてはいたものの、
自分の順位が下がるのが許せない!熱にやられ、
こつこつとポイントアップを目指してます。

お世話回数が増えるとイベントが起こり、
選べるコマンドが増えるざぁ~ますの

そんなあたしに先ほど新たなイベントがっっっ!
ネタばれ書き込みは禁止なので
詳しくはお伝え出来ませんがっっっ、
あたしは先ほど「-(マイナス)」ポイントをいただきました。

・・・上位グループから脱落ぅ
もっとコマンド増えてくださいぃ。

おいちゃん(実の夫)が作ったポイントなのに、
ポイントアップのコマンドをこっそり教えてくれてもいいではないか
いえいえ、おいちゃんはゲームには実にシビアな人で、
決して教えてはくれないのであった。
(けち・・・)
(あ、うそうそうそ↑)
クック日記
そりゃぁ、確かに「寒い」って言ったけどさ。
これ見てよ

まきいぬ


ボクは知っているんだ。
こういうのを、
・・・虐待って言うんだぜ。

おいちゃんは
「だって、クックが寒いって言ってるから」
なんて言って心配してくれている演技をしてはいるけど、
これは間違いなく虐待だよ。

もちろん、ボクは助けを求めたさ。
助けてぇーっ、てね。

助けに来てくれたのはりこぴょんだった。
大丈夫かっっっ、クック。可哀想にぃ」と。
けど手に持っているカメラはなんだい?

ボクはお散歩に出ると、
だれかれかまわず吠えて、
そして飛びついて、
叱られる・・・。

だって毎日、こんな虐待を受けているんだぜ?
誰かに助けを求めたくなるってもんだよ

もくもくの木

wanwanwan

わんこの年齢計算機

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ


copyright 2005-2007 のんびりいこう。 (RIKORIKO DIARY) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。